PARKER JOTTER パーカー ジョッター というボールペン

PARKER JOTTER パーカー ジョッター

PARKER JOTTER パーカー ジョッターというボールペンを紹介します。

PARKER(パーカー)の中でもJOTTER(ジョッター)は1954年に発売された代表的なボールペンで、デザインともに現在まで続いています。

このモデルは、低価格なためよく粗品などで配布されることも多く自宅に1つはあるかもしれないほどポピュラーなものです。

PARKER JOTTER パーカー ジョッター

でも高価なモデルであっても同じPARKER(パーカー)のインクを使用しておりますので、非常に書きやすいボールペンとして有名です。

PERKER(パーカー)
1888年 ジョージ・サッフォード・パーカーが創業。矢羽クリップがメーカー・ブランドの象徴として使われている。1921年には『デュオフォールド オレンジ』を発売、”ビッグレッド”という愛称で親しまれ、マッカーサー元帥、ブッシュ大統領、エリツィン大統領などに愛用され『平和のためのペン』として世界に知られ人気を博す。1954年に、PERKERの初代ボールペンとしてJOTTER(ジョッター)を発売、デュオフォールドと同様に現在も発売される人気のシリーズとなる。1962年『ロイヤルワラント』という英国王室御用達ブランドとしてエリザベス女王より認定され、1991年にはチャールズ皇太子からも認定を受ける。ロイヤルワラントには更新があり取り消されることもある中、現在まで認定を保持するイギリス屈指の名門メーカーとして有名。

そもそもボールペンは、1940年代にウォルトディズニーが広告塔となったメーカーのエバーシャープなどが量産を行い、流通し始めていくことになりますが、このころのボールペンにはインク漏れなどの問題が課題としてあったようです。

PARKER(パーカー)も同様に開発を進めていきます。
その開発課題には、その頃のボールペンの課題を全て大幅にクリアする目標が掲げられ進められました。そして約10年の研究開発を経て、JOTTER(ジョッター)が誕生します。

JOTTER(ジョッター)は、ノックするたびに芯が1/4回転させ芯のボール部分の使用を均一にすることで長期間の使用を可能にしました。他社のものはこの回転が無かったため一方向での使用で芯が酷使され不具合につながっていたようです。

そして、1950年代にJOTTER(ジョッター)の販売をスタートさせ正式にボールペン市場に参入します。

当時のラインナップは、
・ボディカラー4種類(ブラック、グレー、レッド、グリーン)
・芯4種類(0.7mm、0.8mm、1.0mm、1.3mm)
・インクカラー5種類(ブラック、ブルーブラック、ブルー、グリーン、レッド)

この豊富なラインナップに加えて他社より5倍も長持ちすることからJOTTER(ジョッター)は、人々の心をつかみまたたくまに人気を博していきます。

その後、ジョン・F・ケネディ大統領にも愛用され、さらに人気となりました。

PARKER JOTTER パーカー ジョッター

この矢羽クリップがPAEKER(パーカー)のシンボルでもあり、クリップですぐにわかります。この矢羽クリップは1933年頃から採用されら歴史あるシンボルです。

PARKER JOTTER パーカー ジョッター

JOTTER(ジョッター)の中にはこのリフィルが入っています。このリフィルことPEAKER(パーカー)の発明といっても過言ではありません。

PARKER JOTTER パーカー ジョッター

このリフィルは濃く書き心地も良いものでファンも多数いらっしゃいます。俗にいう、パーカータイプといわれる企画サイズで、パーカータイプであれば他のボールペンにも使用が可能です。

PARKER JOTTER パーカー ジョッター
PARKER JOTTER パーカー ジョッター

PARKERのロゴと文字の刻印が表側にあり、裏側にはFRANCEの刻印があります。このJOTTER(ジョッター)はフランス製のようです。

PARKER JOTTER パーカー ジョッター
・長さ:128.5mm
・径:10mm
※フランス製

このPARKER(パーカー)のJOTTER(ジョッター)は、アマゾンなどで1400円ほどで購入ができる大変手頃なボールペンです。

良いものを持っていらっしゃる方からすれば安物になるかもしれませんが、JOTTER(ジョッター)は、ボールペンの一時代を築いた謂わばチャンプ。

ただのチャンプではなく庶民から誕生したようなチャンプです。映画のロッキーのような庶民から愛されるチャンプのようにすら感じます。

そしてPARKER(パーカー)は、争いあった国同士を収束する調印にも使用された『平和のためのペン』でもあります。

そんなJOTTER(ジョッター)をMyBunguに加えてみませんか。
このJOTTER(ジョッター)には、1940年代よりボールペン開発にかけたDNAが今も変わらぬデザインに受け継がれています。

そんなノスタルジックな感覚にさせてくれるMyBunguとなるでしょう。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。