ウォルト・ディズニーが広告塔となり宣伝した万年筆

ウォルトディズニー

ウォルト・ディズニーが広告塔となり宣伝をした万年筆を紹介します。

誰もが知るあのウォルト・ディズニーが、キャラクターではなく、自身が1940年代に広告塔となった万年筆があります。

ウォルト・ディズニー

こちらがその当時の広告です。

アメリカで1913年に創業したEVERSHARP(エヴァーシャープ)というメーカーのスカイラインというモデルの広告塔となりました。広告の中で名作『バンビ』のイラストを描いているのが分かると思います。

ウォルト・ディズニー自身が、エヴァーシャープの広告塔となったことは有名な話だそうで、それだけこのエヴァーシャープの宣伝に成功したのだと思われます。

.jpg

このようなウォルト・ディズニーモデルもあったようで、広告の中でウォルト・ディズニー本人が持っているモデルと似ています。

残念ながらこのEVERSHARPというメーカーは、1957年PARKER(パーカー)に買収されましたので現在は存在しません。

この万年筆のデザインは、当時のアールデコを代表するデザインで人気を博しました。もちろんウォルト・ディズニー自身も愛用していたと思います。

EVERSHARP(エヴァーシャープ)のスカイラインは、中古市場で度々見かけることがあります。

ウォルト・ディズニーが、広告塔となり愛用したこの万年筆をMyBunguにしてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいアイデアが溢れ出すかもしれませんよ。

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。