MONTBLANC Toffee Brown モンブラン トフィーブラウン というインク

MONTBLANC Toffee Brown モンブラン トフィーブラウン

MONTBLANC Toffee Brown モンブラン トフィーブラウンを紹介します。

MONTBLANC(モンブラン)というドイツの名門メーカーの Toffee Brown(モンブラン トフィーブラウン)という万年筆インクです。

MONTBLANC(モンブラン)
1906年ドイツ・ハンブルグの銀行家 アルフレッド・ネヘミアス、ベルリンのエンジニア アウグスト・エーベルシュタインらがシンプルな万年筆の製造に着手します。1908年には、ハンブルグの実業家のクラウス・ヨハネス・ フォスが加わり、ハンブルグにSIMPLO FILLER PEN Co.(シンプロフィラーペンカンパニー)を設立。『ハイクラスのゴールド万年筆を創る』をキャッチレーズとしていました。1909年、ペンとモンブラン峰が似ていることから、アルプスの最高峰モンブランとともに筆記具の最高峰を示す名称として『MONTBLANC』が確立。1910年には商標登録を行い、ペンキャップに白いトップを施しMONTBLANCの証として発売されます。1913年に、ペンキャップの白いトップは、現在のトレードマークであるホワイトスターに変更されます。このホワイトスターは、モンブラン山頂を覆う万年雪を表現し、MONTBLANCの最高品質と誇りの証としています。1924年には、今も継承される代表的モデル『マイスターシュテュック』を発売、そのモデルは現在でも販売され不動の地位を誇っています。ペン先などに刻印される『4810』の数字は、最高品質と誇りの証とするモンブラン峰の標高を表しています。

MONTBLANC Toffee Brown モンブラン トフィーブラウン

このインクの色は、まさにブラウンという色合いのもので、1972年製カヴェコスポーツの万年筆に入れ愛用しています。

Kaweco sport カヴェコ スポーツ ミュンヘンオリンピック公式モデル

この文字で筆記すると、ページがどこかノスタルジックな雰囲気になるので結構気に入っています。

普段、ブラウンという色を使って筆記する機会などまずないと思います。まさに万年筆ならではの醍醐味ではないでしょうか。

クリーム色の紙にこのブラウンで筆記するとすごく雰囲気がでます。

インクはどこのメーカーでもだいたい50ml〜60mlですので、1つあれば結構使い続けることができます。

そのためにも購入する前には文具店で試し書きをして、色味をチェックしておくことをオススメします。紙質によっても色味が変わりますのでその点も店員さんと相談するのもいいと思います。

インク選びでは、どんな紙に書きたいか、どんな色味の紙なのか、何を書きたいか、などを考慮して検討してみてください。

より気に入った色のインクを選択できると思います。

最近では、ゴールドやシルバーなどのラメの入ったインクもあり、そのインクで筆記するとその文字のラメがキラキラと光るような変わったものもあります。

そんな豊富なインクを1本の万年筆で自由に楽しむことができるのも醍醐味です。

インクは女性にはうってつけのMyBunguになるでしょう。

お気に入りの万年筆でお気に入りのインクを見つけてMyBunguを楽しんでみてはいかがですか。

きっと毎日書きたくなる楽しみが味わえますよ。

 

関連記事一覧

  1. Kaz

    おっしゃる通りですね。私もToffee brown使っています。なんか気持ちがゆったりしますね。

    • MyBunguMyBungu

      Kaz 様
      コメントありがとうございます。同じインクをお使いとのこと嬉しいです。万年筆は本当にゆったりとした時間をくれますよね。